虫がわかない!観葉植物を室内で清潔に育てる方法5選【土を使わないアイディア】

水耕栽培のイメージ

置くだけで部屋がオシャレになる観葉植物。

あちこちに置きたくなる気持ちもあるけど、「土」を使っているから食卓テーブルには置きたくない…。

土を使っているせいで虫が湧いたり等、不衛生なのでは…?と心配になることも。

筆者自身、70鉢ほどの植物を室内外で育ててきましたが、春~秋までコバエに悩まされる事もしばしば。

では、衛生的に植物を楽しむ方法は無いのでしょうか…?いえ、実はあります!

その答えは水耕栽培(ハイドロカルチャー)です!

水耕栽培の写真

水だけで植物を栽培すると、土を使っていないので虫がわかず、雑菌も出にくいので非常に衛生的です。

最近は、水耕栽培のキットも増えて、手軽でおしゃれにハイドロカルチャーを楽しめるようになりました。

そこで、こちらの記事では清潔に観葉植物を育てられるおすすめの水耕栽培アイテム5選をご紹介いたします!

実際に筆者が購入して、育成してみたイチオシの商品も紹介しています。

見ているだけでも爽やかで和むようなボタニカルアイテムを、ぜひ生活に取り入れてみませんか?

目次

黒砂利(白砂利)

土の代わりに黒砂利で観葉植物をおしゃれに育てる!

ガラス鉢に「黒砂利」を入れて植えこまれている観葉植物。

かなりオシャレな雰囲気で、鉢に植えこまれた観葉植物よりもさらにクールな雰囲気が漂います。

一般的な土には「腐葉土」などの有機物が入っているので、虫がわく可能性があります。

一方、黒砂利には有機物が入っておらず、砂利は根っこを支える為だけのものです。育て方としては「水だけで育てる水耕栽培」となります。

黒砂利は様々なインテリアに馴染む可能性を秘めています。

パキラだけでなく、多肉植物の「十二の巻」などの多肉植物も選べて、バリエーションも豊富です。

黒砂利だけでなく、白い色の大理石を砕いた「玉砂利」タイプもあります。

インテリアの雰囲気によって、色味を変えられるのも便利ですね。

追記:実際に注文してみました!

黒砂利・ガジュマルを購入したときの箱

男性なら片手でつかめるくらいのコンパクトな箱で届きました。(外が雨だったので箱が少し濡れいています。)

黒砂利・ガジュマルを購入したときの箱2

箱の右上には、通気の為の穴があけられています。

黒砂利・ガジュマルの箱を開けた様子

箱の中はこんな感じです。

ガジュマル本体はダンボールで包んでガード。さらにガジュマルが動かないよう底の形にくり抜かれた段ボールで固定されています。

黒砂利・ガジュマルの到着直後の様子

ダンボールを外すと本体が出てきます。本体はプチプチで包まれており、厳重な梱包で届いた事が分かりました。

黒砂利・ガジュマルの到着直後の様子2

プチプチ外すと、ティッシュに包まれラップで覆われたガラス容器が出てきました。

水漏れや黒砂利がこぼれないよう、入念に対策されていますね。

実際、ラップを外した時に黒砂利が数個落ちただけで、ほぼ無事といっていい状態でした。

黒砂利・ガジュマルの到着直後の様子3

ラップも外しました。ガラス容器と黒砂利がキラキラして凄くおしゃれです!

届いたと直後から雰囲気が最高で大満足!

後々、育っていく様子をレビューできればと思っています。

黒砂利・ガジュマルの説明書

アマゾンのレビューに、砂利のこぼれを指摘するものがあった為、あれほどの厳重な梱包になったようです。

仮に倒れた状態で届いたとしても、交換に応じてもらえるのは安心して購入できるポイントになりますね。

実際に「黒砂利ガジュマル」を1か月育成した、レビュー記事はこちらをご覧ください。

【土を使わず育てる観葉植物】Table Plants テーブルプランツ

土代わりにスポンジを使って植物を育てる

【土を使わず育てる観葉植物】Table Plants(テーブルプランツ)

コーヒーコップのような外見をしており、おしゃれな雰囲気で観葉植物を楽しめるテーブルプランツ。

一見すると土のように見えますが、実は土代わりに「スポンジ」が使われています。

テーブルプランツを部屋に飾った様子

鉢の外から水分量が分かるので、水やりのタイミングが見やすくて便利です。

種類も13パターンの植物から選べるので、お好みの植物が見つかるのではないかと思います。

以前ハイドロカルチャー(水耕栽培)を試したときは、水の入れ替えなどでハイドロボール(土代わりのボール玉)がボロボロ落ちたりなど、いろいろ面倒だなと感じていました。

全部スポンジでできているので水の入れ替えも簡単そうで、大変画期的な商品だなと感じました。

【土を使わず育てる観葉植物】Table Plants(テーブルプランツ)

追記:実際に注文してみました!

こんな感じの白い箱で届きました。2Lペットボトル6本入りのダンボール箱と同じくらい。

2鉢買ってみましたが、そのまま梱包紙に包まれています。特にひっくり返ったり水がこぼれていたりという事はありませんでした。

1鉢目:パキラ 思っていた以上に大きいサイズ感。しっかりした株が来ました。

2鉢目:ガジュマル こちらはパキラと比較して少し小さめ。どちらの鉢も結構元気そうです。

最近よく使っている黒色の3号鉢との比較。

高さがある分大きく感じます。やはりパキラが結構大きい!

感覚的には3.5号~4号くらいの植物を買ったような印象です。

プラスチックコップのサイズは口径9㎝、高さ10㎝でだいたい3号~3.5号くらいですね。

デスク周りのインテリアがオシャレになりそうです!

実際に「Table Plants」を3か月間育てたレビュー記事はこちらからご覧ください

炭植え

土の代わりに「炭」を使って植え込まれている

炭はプラスイオンを吸着し、マイナスイオンを放出すると言われています。

普通の砂利以上に清浄効果にこだわるのなら、炭植えを選ぶのも良いのではないかと思います。

ガラス鉢なので、外から水分量が見えるのも便利です。

ガラス鉢の形状も丸味を帯びたタイプとストレートな円筒の2種類から選べます。

季節によって数十種類から選べるようで、バリエーションに関してはかなり多いほうです

(2022年5月現在 今は10種類の中から選択できるようです。)

ゼオライト

脱臭や水質浄化などの効果がある「ゼオライト」が土代わり

ハイドロカルチャー(水耕栽培)を行う場合、水質浄化のために鉢の下にゼオライトを入れたりするのですが、こちらの商品ではゼオライトを全体に使っています

ゼオライトの効果
・水質浄化・根腐れの防止
・保肥性の向上

ゼオライトの表面には小さな穴が開いています。

そのため通気性がよく、根っこに空気が届くので根腐れを防ぐことができます。

セラハイト

土の代わりにセラミックで根っこを取り囲む

下のビー玉は飾りのようで、ガラス器の中央にある白っぽい物体「セラミック」が給水してくれるアイテム。

セラミック筒が丁度よく水分で湿り、根っこはセラミックから水分を吸収するというシステムのようです。

根っこが水分につかりすぎていると、根が呼吸できず腐ってしまうのですが、そういった根っこの窒息を防げるので、かなり育てやすい画期的な装置のように思えます。

明るい雰囲気の容器だけでなく、岩のような見た目の渋い雰囲気のタイプもあります。

観葉植物を使ったおしゃれなインテリアづくりを実践しています。興味がある方はこちらもご覧ください。

あわせて読みたい
一人暮らしに癒しスポット登場!観葉植物でおしゃれインテリア始めませんか?
一人暮らしに癒しスポット登場!観葉植物でおしゃれインテリア始めませんか?仕事から疲れて家に帰ってきたとき、部屋の中に「癒し」が欲しいと思ったことはありませんか?まるでおしゃれなカフェやモデルルームのような部屋に帰れたら、どんなに...
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

WEBデザイナー歴10年。5年前に気の迷いで100円均一の植物を購入してから、植物の魅力にはまりました。着々と子株を増やしていく植物達に戸惑い中。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる